« peer advisor | Main | チリ・コン・カーン »

November 16, 2006

フィオリーナ

NYに居る利点はなんといってもものすごい量の上質の情報にいつでも触れられることでしょう。
ジョージ・ソロスのスピーカーイベントと同じ週にドミンゴのオペラやヤンキースの試合が見られるMBAスクールははっきり言ってコロンビアだけでしょう。いやとにかく大学の講演会の多さにはあきれ返るほどです。リクルートがらみのもの、自己啓発のためのワークショップ、有名人のスピーカー、、、、毎日最低10個はあるので、何かを選んで何かをあきらめないといけません。加えて各種のトレーニングやら、宿題やら、スタディー・グループでのディスカッションやら。。。

そんなシリーズのひとつで、昨日は元ヒューレッドパッカードCEO/会長のフィオリーナの講演会が開催されました。いや、すごかった。何がって彼女の話のうまさ!!今まであった中で、最高の話し手でした。

話の内容がまたすごかった。彼女はそもそもスタンフォード大学で、地中海地域の文学を学び、両親の勧めでロースクールに行ったんだそうです。ところが、半年でロースクールは向いてないと思ってやめてしまった。そこで初めて仕事をしないと生きていけない羽目になって就職活動をしたのだそうです。
雇ってくれたのはファイナンシャル関係のコンサル会社だけ。しかも仕事は受付だったとか。ただ、そこでがんばっていたら、見ていてくれた人が居て、総合職として仕事をしないかといわれたのだそうです。
彼女いわく、「次の仕事のことを考えてはいけません。なぜなら、どんな仕事にも限界はあるからです。でも、どんな仕事にもopportunityもある。だから、今の仕事を全力でするのが大事。そうすればopportunityがドアをノックするものよ。」と。そして、彼女を見出してくれた人はリーダーシップがあった、といって、リーダの説明。「リーダーとはopportynityの種を見つけて、それを育てる人。リスクをとる人です。」と。最後に、とにかく何事にしても成功するにはpassionが必須。Take time to find your passionとのこと。

他の話もすごく面白かったのですが、それはまたそのうち。

一番印象に残ったのは、仕事とプライベートのバランスをどうやっていとっていけば?という質問への答えです。
「Don't sell yourself仕事もプライベートもどちらもあなた。どちらかを諦めて自分を売っては決して成功できない。苦しくても両方求め続けた人だけに、成功がおとずれるものなのよ!!」。しなやかでいながらパワフルな、子供二人と孫二人が居る彼女の言葉の魔術に会場中がハマった1時間でした。

先週のシェリー・ラザラスの講演がまたすばらしかったし、毎週すばらしいスピーカーの話が聞けて、さすがNY。恵まれた環境です。ちなみにフィオリーナと同時開催だったのはMTVの社長と副社長の入ったパネルディスカッション。みんなどっちに出るか本当に迷っていましたが、フィオリーナにインサイトがたくさんある話を聞けて、ラッキーだったかな。

さて、来週は誰の話を聞きに行こうかな。。。

|

« peer advisor | Main | チリ・コン・カーン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference フィオリーナ:

« peer advisor | Main | チリ・コン・カーン »