2006年2月17日 (金)

やっとプッシュレターを作る

話は前後しますが、昨年12月30日にアプリケーションを出した学校に、プッシュレターを送る手はずを整えました。

例えば商社などにお勤めの皆様は、この辺りでcampus visitをするのですが、在学中の先輩がいるわけでもない場合は、なかなか難しいものです。というのも、addmissionの立場になってみれば、何万人もいる応募者が全員visitなんぞしてきたら大変なわけですから。applicantとしては「私は別に忙しいadmissionの方にお手数取らせる気はないのですが。」という風情がかもし出せなくては。

在学中の人や先輩などがいれば、「こいつは、遠慮してるんだけど、本当にいいapplicantだから、ちょうど出張でアメリカに来たついでにadmissionにあっていけと強引に言った。」という状況設定をしてくれますから、よいというわけです。

在学生などが居ない場合でも、alumuniのかたに追加の推薦、つまり、プッシュレターを書いてもらうことはできます。プラスになるかどうかはわかりませんが、マイナスにならない限りは何でもやってみるとよいのでは?と私は思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)