« NYでの就職について | トップページ | 卒業しました。 »

2008年5月 6日 (火)

コロンビア受験生にお願い

Columbia Business Schoolに来て早2年弱が過ぎ、いよいよ今月私は卒業します。なんとあっという間で、楽しくて仕方ない2年間であったことでしょう!是非皆様も合格を勝ち取られて、楽しい留学生活を送られることを!

さて、今日はコロンビア・ビジネス・スクールの受験を考えている皆様にお願いがあって投稿をしています。

コロンビアの他校にない特徴と言えばearly decisionです。今日アドミッション・オフィスに遊びに行ったら「りょーこ!ちょうどいいところに来たわ!ちょっと日本人のアプリカントのことで相談があるのよ!」とのこと。

「ここ数年、early decisionで合格する日本人がさっぱり入学しないのよ。しかもその割合がどんどん増えてるの。どうしてかしら?このままだとearly decisionでは日本人を入学させられなくなっちゃうわ。」とのこと。よくearly decisionでないと、合格しない、といった話をする人がいる、と聞いたことがありますし、私もそのように言われた記憶もあります。今の実態としては、(昔のことは知りませんが、)もう、そんなことはありません。それなのに、early decisionで合格して、学校に来ない人の率があがり続けており、その結果スクール側も「このままにはしておけない」と問題にするレベルになってきてしまった様子。アドミッション・オフィスでは現在真剣に対応策が話し合われています。

本当にコロンビア・ビジネス・スクールが第1志望の人は是非early decisionでapplyしてください。でもそうでない人は普通にreguler decisionで出してください。コロンビアはローリング制なので、早く出願したほうが有利なことは確実です。でもearly decisionのほうがregulaer decisionより早い、ってことはないのです。是非自分の志望度に合わせた出願をしていただけますよう、心からお願いします。

私もこちらに来て驚いたのですが、アメリカの文化では宣誓の意味は私たちの想像以上にとても重いものです。スクール側も宣誓の意味を非常に重く受け止めています。ですから、これから後に続くアプリカントの皆さんのためにも、5千ドル払えば、それでいいんでしょ、とは絶対に思わないでほしいのです。early decisionで受かったなら、宣誓したように他校の出願はその時点ですべて取り下げてください。是非よろしくお願いいたします。

|

« NYでの就職について | トップページ | 卒業しました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コロンビア受験生にお願い:

« NYでの就職について | トップページ | 卒業しました。 »