« 2006年7月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年8月18日 (金)

エッセイとGMAT

そろそろ遅くても、エッセイに取り掛からないといけない時期が近づいてきました。私が思うには9月の半ばくらいにはもう、何があっても手をつけ始めたほうがいいと思うんですよね。

しかし、ここで忘れていけないのはGMATです。望みどおりの点数が出ているならよいのですが、そうでない場合は平行して勉強を続けることになります。ところが、大体GMATの勉強よりエッセイのほうが楽しいし、一番今日あたりの集中力も、時間も使うものですから、ついつい、GMATの勉強が薄くなってしまいがち。これがやばい。1stラウンドで不完全な点数&エッセイで出願するより、ちゃんとしたエッセイ&納得いく点数で2ndラウンドのほうが大事なわけですから、勉強の進み具合によっては、無駄にGMATの弾(5回しかないんですから!)を使わず、潔く1stラウンドをあきらめて、2ndにすべてをかけるほうがいい人も沢山いるはずです。

忘れないで!と思うのは、1stラウンドに出願するのは2年越しの受験生やリアプリカント(つまりは浪人生みたいなものですね。)がとっても多い!ということ。志望校もなんとなく定まり始めたこの時期。学校の説明会に出席したりウェブを見たりと、学校研究が本格化することで、そうでなくてもエッセイへの興味が高まる中、周りがエッセイはじめた、といった話を聞くと、「自分も!」と思ってついついGMATでなくて、エッセイに飛びつき、新しいことをはじめたほうが、勉強している気になるからついついエッセイにばかり目が行って。。。。

こうしてGMATの勉強がおろそかになってしまいがちなのですよねー。それはもちろんGMATはすべてではありませんが、ある程度のGMATの点数がない限り、エッセイだけ書いてもほぼ確実に合格はないわけですし、GMATの点数によっては別の学校を志望することになるかもしれないのに。。。。

「1stが有利」というのは「準備ができている人にっとってだけである。準備不足ならどのラウンドにしても出願しては当然だめ!!」という当たり前の大原則を忘れがちになるこの時期。もちろん、1stラウンドでは出願しないと決めたとしても、一ヵ月後には準備を始めないといけないエッセイですが、是非、今一度自分の点数、エッセイの深まり具合などを客観的に評価してから、勉強に占めるエッセイの準備の割合をきちんと考えるようにしたほうがよいように思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

NYライフ!

なかなかインターネットがつながらなかったり、買ったベッドの敷物のサイズが合わなかったり、はたまた学校のエレベーターに45分閉じ込められたり。。。と波乱万丈な幕開けを経て、昨日から割りと落ち着いた生活が始まっています。

細かいNY生活のあれこれや学生ライフについては、もうひとつのブログに書いていこうと思います。こちらのブログには、もう少し受験に絞った内容を書いていこうと思うので。

ここのところ立て続けに受ける質問があります。「どうしてコロンビアに決めたのですか?」「コロンビアでは何を勉強するつもりですか?」「コロンビアはほかと比べて何がいいのですか」「なぜコロンビアを受けようと思われたのですか?」「コロンビア受験と他校と比較していかがですか」

みんなつまりはWhy MBA? Why Now? Why Columbia?を書くのに苦労しているから出る質問だとは思うのですが。。。私は4校しか受験していない上に、スタンフォードはHBSがダメとわかってから3rdで出してますから本当に記念受験。さらにウォートンはいく気が無しで、コロンビアのアプリケーションをほぼコピペ。それに何よりコロンビアしか通んなかった。っていう人ですから、私に聞いても端的に有効な返事はできないかな?と思います。

しかし、この質問は就職活動の「企業への志望動機」と一緒で、人のを聞いてもしょうがないことだと思うのです。自分をまず固める作業が先のはず。遠回りに実sルカも知れませんが、ダイエットと一緒で楽な道はないのだと思います。だって、理由は一人ひとり全く違うはず。さらに、学校側も違う人たちをとろうと思っているのです。たとえば私と同じようなバックグラウンドの人が、私と同じことを書いたら間違いなくコロンビアにはスパーンと落とされるのではないでしょうか?だって、もう今年私をとっているわけですから、再来年ならいざ知らず、来年は私がいるもの!一人で十分。

ですから、この質問には「少なくとも自分のWhyMBA?がしっかり固まったら教えて下さい。そうすれば、それにあった学校の特徴なり、教授の紹介なりができますから」とお答えすることにしています。

「なぜMBA」を考えている途中で、別の道を居つけて受験をやめる人も多いと聞きます。(周りにも実際にそういう人が居ます。)MBA受験は、ちょっとした「自分探し」でもありますので、「自分は何者で、何ができて、何ができなくて、どこへ行きたいのか」を明確にし(これを知っているのがリーダーの最低条件でもありますし。)その上でその先になぜMBA。。。アメリカ式ビジネスリーダーのWest Pointであり、外国企業への高級就職予備校であるところのMBA。。。進学があるのかをはっきりさせる、つまりは、MBAで今の自分となりたい自分の乖離がどう埋まるかをはっきりさせる、ということが肝心なのではないかと思うのです。つまりはゴールとWhy MBAですね。。。どの学校もよくよく見ると、ゴールとWhyMBAは必ず聞いてきているはずです。

そのとき、ゴールは自己PRみたいなもん、WhyMBAは志望動機みたいなもん、と思うと、考えやすいのでは?と私は思うのですが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

予防接種、そして

私に無かった抗体は風疹でした。麻疹ではなく。。。やっと4日に行ってきました。

受付では「これはね、3日間前にはうっておいていただくべきだったんですよ、何せ生の菌を注射しますのでねぇ。。。つまりは3日間はウィルスがあなたの体内で増え続けて、それで抗体が出来るというものですから。体力大丈夫ですか?本当は明日飛行機はだめなんですよ。。。」と言われ、看護婦さんには「はーい、なまワクチン、ってここにかいてある、ほら、ここ、この弱毒性風疹生ワクチン、ね。これを打ちますねぇ~」と明るく言われ、打たれてきました。今のところ大丈夫そうですが。

皆様予防接種は余裕を持って行かれますよう心よりお勧めします。その際、東京近郊の人は噂に違わぬ霞ヶ関診療所に足を運ばれると、確かにラクです。本当に。

明日いよいよ出発です!一息ついたら近況などアップするつもりです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月 2日 (水)

予防接種まだ行ってない!!

明々後日に渡米を控えているのに、まだ予防接種に行ってない!!一つ抗体が無くて、打たなくてはいけないのです。。。明日行かなきゃたいへんだぁ!!

日本人はアメリカで麻疹の源になっているらしいですしね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年10月 »