« GMAT中国問題のありか | トップページ | おもしろいセミナーと住宅事情など »

2006年5月 3日 (水)

白髪の恐怖

受験勉強中に増えたものといえば体重と白髪。体重は動かなくなった成果として、15キロほど。白髪も以前は表にまでは出てきていなかったのに髪の毛の表面にもちらりほらりと見えるようになったのでした。

もっとも体重は受験後10キロはなんとか戻しました。(でもまだあと5キロ。その前に太った分入れると10キロ。。。とほほ。)白髪も再び減って、紙の表面にまで彼らがお邪魔することはなくなりました。でもそれは4月の末までの話。。。。

なんと、アメリカに来てたったの3日。再び白い髪の毛が表面に遊びに来ておられるではないですか。念のため確認すると、、、、確かに相当増えている。。。。このままでは私は2年間の滞在ですっかり白い髪になってしまうのかという恐怖が。。。。明日まずは大急ぎで日本に帰ります!

|

« GMAT中国問題のありか | トップページ | おもしろいセミナーと住宅事情など »

コメント

すみません、「白髪」と聞いては黙って見過ごせなかったので(?)コメントします。実は私、数年前から若白髪が少々気になっています。男ですし、仕事柄、髪を染めて茶髪というわけにもいかず、かといって黒く白髪染めというのは心理的抵抗があって、自然の流れに任せています・・・。まあ私の場合、若干目立つのは脳天の方+背が高いので、外見上あまり目立ちませんが・・・。
あ、すみません。人のブログで長々とグチってしまいました。それにしても、スタンフォードのキャンパス素敵なんでしょうね・・・。専攻は違えど、私もスタンフォード志望なので気になるところです。一応、家族揃って寮に入る予定(?)なので、エントリを興味深く読ませてもらいました。

投稿: ぶんぶん | 2006年5月 3日 (水) 21時00分

短期間でかなり左側即頭部がやられていて、、、、やっぱ英語は左脳なの?などと妙に納得しています。生まれつき髪の毛真っ黒なもので、どうもチャパツはなじまないし髪染めにも抵抗がある。ぶんぶんさんと同じですね。まぁ殿方と違い、髪を長く伸ばしてごまかせるという点では多少有利かもです。一方長ーい白髪が登場するという点では不利。(五十歩百歩!)微妙に切実な?!悩みですね。悩むとまた増えるか?
スタンフォードはとてもゆったりした伸びやかなところです。食事のお皿、建物のサイズ、、、すべてが巨人サイズにできているので、自分が小人になった気分がしますが。そうそう、説明会で、子供がいる人の家族用の寮はとてもいいですよ!ってアドミッションの人がいってましたよー!!

投稿: りょーこ | 2006年5月 3日 (水) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白髪の恐怖:

« GMAT中国問題のありか | トップページ | おもしろいセミナーと住宅事情など »