« 進学予定者の会?!と西海岸のことなど | トップページ | GMAT中国問題のありか »

2006年5月 3日 (水)

スタンフォード訪問

昨日はアドミッションの人によるインフォメーションセッションとボランティアの学生(クラブ活動になっているそうです!)による学校ツアー、学生の皆様とランチ。今日はリーダーシップのクラスに参加、でした。

インフォセッションの参加者は10人くらいで、200人以上が集まっていた日本の説明会よりもさすがに懇切丁寧です。昨年の9月よりもプレゼン資料自体もversion upしていました!

学校ツアーは寮の部屋まで見せてもらえて生活がよくわかります。ことに寮の環境はとても参考になりました。キッチン共同の狭い部屋なのですが、シェアといっても独立性はとても高くなっていました。また、入り口にコンシェルジュサービスがあったり、小さいながらも最新のマシンがととのったジムがあったり。PCもそこいら中にあるので、自分のものを持ち歩かなくても大丈夫ですよ、とのことでした。

クラスビジットは、まず学生がクラスに連れて行ってくれます。1クラス2人。同じ時間でいくつかのクラスがあるのですが、その場で適当に「あなたとあなたはこのクラスね」といった感じに割り振られます。クラスにつくと、引率の生徒が先生に紹介してくれます。教室の一般の席と違って、オブザーヴァー用の席が用意されていたのでそこに座って授業をみることになります。見終わったらそのまま帰ってよい様子でした。一応私はアドミッションオフィスに行きましたが、別に挨拶して帰っただけでした。

クラスはとてもいい雰囲気で、自由闊達に議論が進められているのがよくわかりました。ちょうど今の仕事とも重なるところが話し合われていたので、今後いろいろ聞ける!と思って教授の連絡先を聞き、収穫収穫。です。

いろいろ感じるところもあり、現地に来ることの大切さがよくわかる二日間でした。

|

« 進学予定者の会?!と西海岸のことなど | トップページ | GMAT中国問題のありか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スタンフォード訪問:

« 進学予定者の会?!と西海岸のことなど | トップページ | GMAT中国問題のありか »