« 今年からのGMATルール変更 | トップページ | やっとプッシュレターを作る »

2006年2月12日 (日)

仕事との両立

2005年の1月からいまごろまでは、仕事との両立が非常に難しい時期でした。

仕事は忙しい。勉強はしたい。しかし、学校などの強制力もなくなり、どうしてもなんだかだらけるし、質問があっても聞く所がわからないし。

そんな中、GMATマニアサイトの中にある、掲示板には随分お世話になりました。わからない問題を日本語で教えてもらえるのはやっぱりここだよな。。。と思います。毎日一度は見て、目に見えぬ受験仲間の存在を感じで「わたしもがんばらなくちゃ」と思っていたものです。サイトの中に書いてある勉強法もとても参考になると思います。

また、IMDへの早期出願を目指して、エッセイも始めてしまいました。私はフィーチャーインスティテュートのカウンセラーの方を友人から紹介されていたので、そこに行ってまずは日本語で大体の感じを決めてから、がんがん英語で書いてみる、という作業を開始していました。IMDのエッセイの数は半端でなく、11問もありましたので、思ったより時間をとられてしまった為、エッセイ開始後はGMATの勉強がますますおろそかになっていきました。TOEFLにいたっては、2月に267点を取ったため、安心してしまって何もしなくなりました。

唯淡々と一続けていたのは3800の復習ですが、これは後々効いてきました。GMATは運だ。という話があります。確かにそうだとは思いますが、自力のある人が、運がなくて思ったよりも低い点を取ることがあったとしても、自力のない人が高い点をフロックで出す事はないと思ってよいでしょう。私は英語の自力とは、速読力、英語的センス、そしてやはり最大にして最高に大事なのは単語力、と理解しているのですが、3つの要素のうち一番、強化しやすく、何処でもいつでもでき、そして最も効果的なのは単語力の強化。3800はとにかくひたすらやりつづける事が大事なんだと思います。

|

« 今年からのGMATルール変更 | トップページ | やっとプッシュレターを作る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕事との両立:

« 今年からのGMATルール変更 | トップページ | やっとプッシュレターを作る »